まずはFX取引を知ろう

初めてFX取引を行う時に、どの国の通貨にするのかが大きな問題になります。 余り知られていない通貨や、流通量の少ない通貨は、一発逆転で大儲けの可能性もありますが、初心者には扱いが難しいものです。 そこで、取引量の順位をもとに、それぞれの通貨の特徴を調べてみました。

イギリスポンドとカナダドル

アメリカドルとユーロに続いて、イギリスポンドとカナダドルも人気の通貨です。 しかし、大国アメリカや巨大な経済圏であるアメリカドルやユーロと違い、これらは他国の経済の影響を受けることがあります。 この2つの通貨には、どのような特徴があるのでしょうか。

オーストラリアドルとその他の通貨

日本で人気の通貨の第5位はオーストラリアドルです。 ここまで上げた5か国の通貨以外にも、日本のFX会社では様々な通貨を取り扱っています。 初心者には通貨を選ぶのも大切であるとともに、それらを扱っているFX会社を選択することも重要になってきます。

世界第1位の通貨とは

テレビやネットニュースでよく耳にするFX取引。
FX取引とは、どんなものなのでしょうか。

FXとは「Foreign Exchange」の頭文字をとった日本で作られた造語です。
日本語では「外国為替証拠金取引」と訳されています。

この取引とは、外国通貨を売買することにより利益を上げる取引のことを指しています。
通貨を売買というと、お金を買うのかと驚かれる人もいるでしょう。

売買という表現をしていますが、実際には「外国通貨に両替」をしているのです。
例えば、日本円からアメリカドルへと1ドル80円で両替した(1ドルを80円で購入した)とします。
その後、為替の変動があり1ドル100円になった時に、持っていたアメリカドルを日本円に両替します。
80円で両替した1ドルが、次に日本円に両替する時には100円になっていた、つまり1ドルにつき20円得したということです。
もしこれが1万ドルであれば20万円の利益が生じることになります。

海外旅行が決まったら、今1ドルに対して日本円がいくらか気になりませんか。
日々、変動している両替のレートに、いつ両替しようか悩んでいたりはしませんでしたか。
FX取引はそのレートの上下をうまく利用して利益を上げようという取引なのです。

また、FXは「円とドル」というように2つの通貨を売買して取引をします。
円とペアを組ませるのはドルが多いのですが、ポンドやユーロなどがそれに続きます。
同じように円とペアにしても相手がドルかユーロか変われば、レートの動きも変わってきますので注意をする必要があります。
それでも、FXに慣れない初心者のうちは、円と~というように、円を基軸に取引をした方がよいでしょう。


TOP